インターナショナルウーマン★になりたい奮闘日記

国際交流、国際恋愛体験記。インターナショナルパーソンになるべく奮闘記。

国際交流って楽しくて刺激的

国際恋愛したい!

 

国際交流したい!

 

そう思っている方はけっこう多いんじゃないでしょうか。

 

勿論わたくしヒヨコもそう思っていた1人です。

 

今回はそんな私がなぜ外国人に興味津々になったか、というとアレなんで、国際交流に興味津々になったのかを書きたいなと思います🖤

 

思えば私の場合、小学校低学年のころから漠然と海外に憧れを抱き始めていました。

 

今でもしっかりと記憶に残る…

 

小学校五年生の時に家族旅行で初めての海外、オーストラリアへ行ったんですね。

で、ある島に行く際に乗ったフェリーの船員さんが

 

 

ウェーブのかかった金髪…

 

オシャレなサングラス…

 

極め付けはセーラー服…(もちろん男性用) 

 

 

と、それはまぁイケメンだったんですね。

 

すげーベタなルックスで、今の私が彼を見たとしてもそんなに感動しないんだけど←

子供の私にはなかなかの破壊力で、そりゃもう

 

ドカーーーン!!

ドカーーーン!!

 

な衝撃でした。

 

外国人マジカッコエエ!!

外国人マジセクシィィ!!

 

それだけ言うとものすごくミーハー丸出しですが、私の場合その熱量が途切れる事なく成長し、アルバイト出来るような年齢になり街へ繰り出せる様になった頃には、外国人が多く来店するカフェを探し当て、声を掛けられるを待っているというまるで獲物を待つウツボの様な事をしていました。 

 

 

声を掛けられるまでの視線の送り方はペネロペ・クルスから学びました。

 

 

一歩間違えると娼婦のソレになってしまうという、とてもリスキーな方法を果敢に挑戦する若かりし私。

 

 

たぶんねー。

絶対娼婦だと思われた事もあったと思うよ。

ウンウン。

でもマジ楽しかったな…あの頃…

 

そして初めてそのカフェで外国人の方から声を掛けられたんですね!!

おじさまだったのですか、イタリアから仕事に来ているとのことでした。

 

その時人生初めて、旅行とかではなく外国人の人と英語で会話をしました。

 

滅茶苦茶緊張してやっとの事絞り出したセリフが

 

うぇ…ウェアあーゆーフロム?

 

だったのは一生忘れる事は無いでしょう…

 

周りに他の日本人が沢山いる中で英語を話すっていうのが、もの凄く恥ずかしかったのを覚えてます笑

 

誰も聞いちゃいないのはわかっているんだけど恥ずかしい!!

 

しかし、恥ずかしさもありましたが何よりも嬉しかったのは、薄っぺらな内容でこそあれ、自分の英語でコミュニケーションが取れたことが何よりも嬉しくて楽しくて興奮しました!

 

その当時大学生だったのですか、本屋さんで買った一言英会話集を毎日毎日読んでました。

 

風呂で外国人と会話してるところを妄想しながら

 

いっけん変態的ですが、これ凄く大切だと思います!

というかオススメの勉強方!!

 

 

そんなイタリアのおじさまに話しかけてもらった事で私の国際交流ライフがスタートしました。

 

その後のバーデビューからのクラブデビューが、更に私のウツボテクニックに磨きをかけていくことになるのです…

 

 

今回の記事を(無理やり)まとめると

 

英語を覚えるときは、発音が綺麗に聞こえやすい風呂場で、とびっきり自分のタイプの外国人男性、女性と話しているシーンを妄想しながら行うとモチベーションアップ🖤アンド身につきやすいです🖤

 

ふざけてません。

マジです。

 

 

では読んでくれてありがとうございました! 

 

一緒に国際交流楽しみましょう!